0~3さいまでのしぜんあそび「どんぐりとあそぼ」

2021年11月,うたこさん,こつぶっこ,体験プログラム報告

こつぶっこ〜どんぐりとあそぼ〜

2021 年11月4日(木)、0~3さいのしぜんあそび"こつぶっこ"を開催しました(毎月第1木曜日開催)。11月の活動は先月に引き続き、"どんぐり"あそびです。

今回、はじめましてのお友だちもちらほら。

毎月来てくれるお友だちがのびのび遊んでいる様子を見てか、"自分もやってみたい~!"と遊びがむくむく広がっていく様子でした。子どもたち同士がお互いからなにかを感じ取りあって、だんだんと打ち解け、いっしょに遊ぶ姿もみられました。

夢中に遊ぶ

木の器のどんぐりをぐるぐるかきまぜる子、すし桶にはいったどんぐりをひとつひとつレンゲですくっていろんな容器やネットにうつしかえていく子、どんぐりで木琴を奏でていろんな音を楽しんでいる子、積み木のようにいろんなものを組み合わせてどんぐりを転がす台をつくっている子…。子どもたちの夢中な姿もひとりひとり違うので、ながめているだけで楽しいです。ゆっくり じっくり なんどもくりかえしています。今日の子どもたちの多くはぐっと集中して夢中になる時に正座をしていました~!どんぐりとじっくり向き合っているのかな?…子どもたちがじっくり自然と出会う時間はなんだか凛と美しいなぁとみとれてしまいました。

"こつぶっこ"で子どもたちに大人気の赤いネットは、ホームセンターなどでたまねぎネットとして売っているものです。いろいろ遊べてとても重宝しています。どんぐりをいれるとかたちが変わり、ずっしりと重みを感じることができます。どんぐりをいれたネットを少し長くしようと、いくつか結んであげると…、"電車"に大変身!子どもたちはなりきって"どんぐり電車"を走らせていました。お友だちと一緒なのがさらにうれしさを膨らませている様子でした。

落ち葉もひらひら

マットの上で落ち葉を上からひらひらと落として遊んでいる親子の姿をみかけました。そこからなにか広がればいいなぁと、傍らの木に布を結びつけてそっとおいておくことにしました。お母さんが気づいてくださり、パラパラとその布の上に落ち葉をまいていき、布をはためかすと…。落ち葉が飛び跳ねて面白い!…今度は自分もと布を手にしっかりもってはためかせ、落ち葉の動きをみて笑っていました。何度も何度も繰り返して遊ぶ親子の姿がなんともステキでした。公園に布を一枚もっていくだけで、こんな風に遊びがふと広がるかもしれません〜。

"こつぶっこ"の遊びはとても素朴です。毎回、子どもたちの様子をふりかえりながら、準備をしています。スタッフである私たちも見守ることを大切に、できるだけその姿に寄り添うようにしています。子どもたちが自然と出会う瞬間や、子どもたち自身でつくりあげた遊びに出会えることはとても嬉しいことです。継続しているからか、だんだんと子どもたち同士の交流もみられるようになって面白いです。

こつぶっこに来られるご家族のみなさんも、その気持ちに共感いただいているのか、子どもたちと遊びをいっしょにつくりあげて、寄り添われていて、なんてあたたかな光景なんだろう~といつも心温まります。来月も楽しみにしています。

【コミュニケーター うたこさん】