0~3歳のための自然あそび「こつぶっこ~水玉とむしとあそぼ」

0~3歳のための自然あそび「こつぶっこ~水玉とむしとあそぼ」 

8/5(木)今月のこつぶっこは、「水玉とむしとあそぼ」ということで
葉っぱに丸い水玉ができる植物の種類(アレチヌスビトハギ、ヤツデ)を見繕い、霧吹きを吹きかけてあそんだり、葉っぱであそんだりしました。むしのコーナーでは、ダンゴムシ、アブラゼミを触ってみたりしました。

葉っぱに霧吹きを吹きかけて、水玉が大きくなるさまを観察する、真剣な眼差し。
小さなお子さんの体半分よりも大きなヤツデの葉っぱをうちわのようにあおぎ、大きな葉を動かして楽しそうにされていたり。葉を揺らし、ちぎって集めて、こぼして、また集めてを繰り返す。
ダンゴムシを触って、丸くなって、またあるき出す様子を、観察して、またダンゴムシを集めてみたり。

それらの遊びに共通するのは、何度も何度も繰り返し、遊んでいることです。

繰り返し動作の最中、不思議なのか、実験の最中だからなのか真剣な眼差しの子もいれば、動作の合間に楽しそうに笑って、また挑戦される子もいたり、繰り返すときのそれぞれのお子さんの表情も様々です。
大人もこどもたちの遊びに寄り添って、真剣に遊ぶとこどもたちの集中力に感心させられます。

こどもたちが集中して遊ぶ時間を大切にしていけるように、今後も「こつぶっこ」を充実させていきたいと思います。
次回は、9月2日(木)です。お楽しみに♪
【コミュニケーター はせるん】