0~3さいのしぜんあそび "はっぱ"をちぎってあそんだよ〜♪

こつぶっこ〜くさばなとあそぼ〜

2021年5月20日(木)、あいにくの雨でしたが、室内の開催に変更して「こつぶっこ」を開催しました。
今回用意した葉っぱは、独特の香りがあるヨモギ、アロマにも使われているセイタカアワダチソウ
葉っぱの裏の毛が銀色にみえるアキグミ、さくらんぼのついてソメイヨシノなど…

最後は、ぱっぱでつくった葉っぱ電車で、移動して、魚のえさやりをしてもらいました。

こどもたちは、茎から葉っぱを一枚一枚ちぎったり、
1枚の葉っぱをさらに細かくちぎったり、
ちぎった葉っぱのにおいをくんくん かいでみたり…
素敵な時間がうまれていました。
普段は、草花をちぎることは、可哀想になってあまり行わないかもしれませんが、
この「葉っぱをちぎる」ということは、とても大事なことだと考えています。

分解し、ものの性質を理解することで、ものづくりを考える下地ができると言われています。
子どもたちにとって「葉っぱをちぎる」(分解をする)ことが、葉っぱってこんなものなのだなとわかればいいなと思います。

○葉っぱってこんなもの↓
はっぱの質感(やわらかさ、繊維感、毛が生えている、独特のにおいがある)、
生き物が食べた跡があることに気づくなど、

まだまだ、0~3さいまでのしぜんあそびが広がっていきそうな気がします。今後も楽しくしぜんと触れ合い、子どもたちの未来に繋がる「何か」に寄り添って行けたらと思います。

【コミュニケーター はせるん】