どんぐりの落ち葉で遊ぶ 第1弾!

どんぐりおちばでお絵かき パート1

キッピー山のラボでは、四季ごとに、季節ならではの有馬富士公園を楽しんでもらえるようなきっかけとなる企画展示を行っています。

この冬は、秋にたくさんあそんだ"どんぐり"のその後を追いかける展示【どんぐり ころころ そのあとに】(12月19日(土)〜3月14日(日))をお届けしています。

その関連プログラムとして、2021年1月23(土)に展示室を舞台にどんぐりのコナラの落ち葉で遊んでみることにしました♪

この遊びは、私自身が、どんぐりのその後を追いかけ公園のコナラの木を巡り散歩していると、木の下につもったおちばからザクザクと音がきこえ楽しい気持ちになったことからうまれました。さわるとパリパリとした質感で、ちぎるとビリビリ、にぎるとクシャクシャ、なでるとカサカサ…などといろんな感触が手から伝わってきて面白かったのです。子どもたちが遊びながら、そんな落ち葉のいろんな感触に出会ってもらえたらと考えた遊びです。遊んだ後、ぜひ、どんぐりの木のしたを歩いてみてほしいなぁ~。

おちばをふらせる絵

この日は前もって、どんぐりのコナラの落ち葉をたくさん拾ってきました。まずは、袋につめて、手でもんでもらうことにしました。どんどん粉々になっていくのをみて、子どもたちは袋から取り出してさわってみたり、今度は手でちぎってみたり…。「どうしたら、こまかくなるだろう?」…石ですりつぶしている子もいました。

素材となる落ち葉ができたところで、その落ち葉をふらせる絵を描いていきます。洗濯のりに食紅の粉をとかして色をつくっていきました。素材と向き合った時に、子どもたちが自由に自分のひらめきを楽しそうに実験していく姿がとても心地よかったです。いろんな色がうまれていました〜。

落ち葉のふらせ方もそれぞれ。うまれてくる絵もいろいろ。落ち葉を筆にして描き始める姿もみられました。

「これはね。どんぐりのコナラの落ち葉だよ。」…展示空間で一緒に遊ぶことで、子どもたちとどんぐりの接点をまたひとつ繋げることができたような気がして私も嬉しくなりました。

今回の展示は絵本風に仕上げています。【どんぐり ころころ そのあとに】期間中、展示関連プログラムとして、いろいろ遊びの時間をお届けし、子どもたちとどんぐりの物語をうみだしていけたらと考えています!(詳細はHPのイベントカレンダーで!)1月30日(土)のどんぐりおちばでお絵かきは、また別の内容で、お絵かきしてみる予定です。ぜひ、いっしょに遊びましょう。展示室でお待ちしています♪

今回うまれた「どんぐりおちばの絵」はキッピー山のラボの受付の横のギャラリースペースに展示します!
ギャラリーが完成したら、キッピー山のラボのFBとHPでお知らせするので、ぜひみにきてくださいね〜♪

【コミュニケーター うたこさん】